技能検定試験

前期石材施工(石張り)技能検定試験の受験案内

近年、技能レベルの効率化等による資格優先の時代となって参りました。 その技能の資格としての技能検定は、職業能力開発促進法に基づいて実施するものでこれが産業界で活躍する技能者の方々の社会的地位の向上にもなるわけです。 技能検定試験は、全国統一の問題で行い、技能の程度を公に証明する国家検定制度です。検定合格者には「技能士」の称号が与えられ、1級は厚生労働大臣から、2級は北海道知事から合格証書と技能士章が交付され技能者として社会に認められた立派な資格となります。公共事業の工事あるいはゼネコンによっては民間の工事にはこの資格が必要です。各位におかれましたは、従業員の方々更に下請従業員・知人等を含めまして受験されるようお勧めをお願い致します。 また、北海道石材技術学院修了者は、2級技能士になって2年で1級の受験資格がございます。

【実 施 日 程】
 詳しい実施日程につきましては、下記の(社)北海道石材協会にお問い合わせ下さい。

【受 験 資 格】

区 分
2 級
1 級
北海道技術学院修了 0年 2級合格後 実務経験 2年
実務経験のみ 2年 2級合格後2年もしくは実務経験7年

【実技受験料】 15,700円

【学科受験料】  3,100円

※なお、実技の予備講習実施も予定しています。

申し込み・問合せ先は (社)北海道石材協会
札幌市白石区東札幌5条1丁目 札幌市産業振興センター内
連絡先:電話 011-816-1666 ・ FAX 011-816-1671


後期石材施工(石材加工)技能検定試験の受験案内

技能検定は、産業界で活躍する技能者が自ら社会的地位向上を図るため、職業能力開発促進法に基づいて実施するものです。 平成15年度後期検定は、石材加工作業(墓石・石像などが対象)1級、2級に区分して全国統一の問題で行い、技能の程度を公に証明する国家検定制度です。 検定合格者には「技能士」の称号が与えられ、1級は労働大臣から、2級は北海道知事から合格証書と技能士章が交付されます。特に公園等の公共事業を施工するためには、技能士の現場常駐を義務付けされておりますので、各位におかれましたは、従業員の方々を含めまして多数受験をお願いします。 なお、検定実施日程と申込は下記の通りです。

実施日程
詳しい実施日程につきましては、下記の(社)北海道石材協会にお問い合わせ下さい。
実技試験課題
 1級  硬石を使用して浮彫り紋様のある石製品を作成する。
 2級  硬石を使用して沈み彫文様のある石製品を作成する。

受 験 資 格

 

区  分 2級 1級 1級
北海道石材技術学院修了 実務経験 0年 2級合格後実務経験 2年 2年
職業訓練指導員免許     1年
実務経験のみ 2年 4年 7年

 区  分          2 級     1 級
                     2級合格後   実務経験
北海道石材技術学院修了    0 年     2 年
職業訓練指導員免許                     1 年
実務経験のみ         2 年     4 年     7 年

実技受験料 15,700円
学科受験料  3,100円

※なお、予備講習実施を予定していますが、決まり次第追って通知します。

申し込み・問合せ先は(社)北海道石材協会内北海道石材工業会
札幌市白石区東札幌5条1丁目 札幌市産業振興センター内
連絡先:電話 011-816-1666 FAX 011-816-1671


職業訓練指導員の資格をとりましょう

【恩 典】

  1.職業訓練校の職業訓練指導員になれる(北海道石材技術学院にご子息・従業員が    入学したときの分散訓練の指導員となる)

  2.1級技能検定試験の学科免除
    指導員講習(48時間講習)
    実施日 平成16年1月6日から15日(土・日は休み)

【資 格】

  1.北海道石材技術学院修了者 実務経験    6年
  2.実務経験のみ              15年

資格取得希望者は北海道技術学院事務局まで連絡下さい。
札幌市白石区東札幌5条1丁目 札幌市産業振興センター内
連絡先:電話 011-816-1666 FAX 011-816-1671

北海道技術学院の訓練性を募集

入学のご案内
応募者は北海道技術学院事務局まで連絡下さい。
札幌市白石区東札幌5条1丁目 札幌市産業振興センター内
連絡先:電話 011-816-1666・FAX 011-816-1671